メンバーズ

選手である前に人間としての成長に価値観を見出し、個々に「責任」と「自信」を与え、世界に羽ばたける選手教育、人間教育を目指します。

佐藤優香

佐藤優香
Yuka Sato

2015年はW杯を初制覇。2016リオデジャネイロオリンピック代表となり、2017年には日本選手権で2度目の優勝を果たした。2019年からの体調不良で苦しい時期が続いたが、2020年秋の日本選手権で復調の兆しをつかみ、再び上昇にむけて強化を進めている。

久保埜南

久保埜南
Minami Kubono

2013・2014年のジャパンカップ豊崎大会でジュニアながら連覇。
そして、第2回ユースオリンピックに出場し5位に入賞した。
2016年から積極的に海外転戦し、世界ジュニアで8位に入賞。2017年W杯でも7位入賞と力をつけてきた。

酒井美有

酒井美有
Miyu Sakai

初のスタンダードディスタンスとなる日本選手権でも、トップクラスの選手に引けを取らない走りで、9位とトップ10入り。着実に力をつけ、パリ、ロサンゼルスオリンピックに向けて大きく踏み出した。

中嶋千紗都

中嶋千紗都
Chisato Nakajima

スイム、バイクのポテンシャルが高く、さらにキレのあるランを武器に、2019年、高校1年生で世界ジュニア6位入賞を果たした。同年12月には全国高校駅伝で、エース区間の1区で健闘し、陸上界からも注目されている、次世代の注目選手のひとり。

望月満帆

望月満帆
Mitsuho Mochizuki

高いスイムの能力を生かし、先行逃げ切りのスタイルで攻める。2019年アジアジュニア選手権を制し、世界ジュニアの代表にも選出されるなど、同世代の中で常にトップレベルで戦う力をつけてきた。エリートレースの日本選手権では、スイム序盤でスイムトップを行くなど積極的なレースで、魅力を発揮。これからのブレイクに期待。

私たちについて

基本理念

山梨アスリートクラブ(山梨AC/YAC:ヤック)は、世界と戦い続けるトップトライアスロンチームとしての自負のもと、確かな社会貢献へとつながる選手育成、地域活性、人間教育を目指します。

  • トライアスロンを中心としたスポーツを通じて、自然と触れ合う機会の提供、新たな挑戦への支援、物事を達成する喜びの共有を実現します。
  • 楽しむためのスポーツという観点からは、地域に根ざしたチームとして、トップアスリートと地元の皆様との交流を深めながら、気軽にスポーツに接する機会を整え、健康的で豊かなライフスタイル作りに貢献します。
  • 戦うためのスポーツという観点からは、世界で通用する選手であるために、人間としての成長を重視し、個々人の責任感と自信を育んでいきます。
  • トライアスロンをはじめとするスポーツ大会の主催・運営を通じ、開催地の皆様とのコミュニケーションを図りながら健全で質の高い時間と空間造りを推進します。
  • スポーツクリニックやセミナーを、全国で積極的に展開し、一般レベルへの競技の普及、そして次代を担う才能の発掘に努めます。
  • 日本初のトップトライアスリートによるチームとして、日本のトライアスロン界をリードする立場を自覚し、日本人選手が世界のトップに立つべく強化を継続します。

組織概要

組織名称:
一般社団法人 山梨アスリートクラブ
住所:
〒400-0851 山梨県甲府市住吉4丁目5番15号闘心寮
電話番号:
055-225-5279
FAX番号:
055-225-5289

PAGE TOP